home   photo gallery   blog   cast   filmmakers  credits   media   links   contact

FILMAKERS  

Co-writer/producer/directors Junko Kajino & Ed M. Koziarski

Ed M. Koziarski and Junko Kajino are a Chicago-based husband/wife writing/directing/producing team. Their in-development feature screenplay Homesick Blues was a selection of the IFP Market’s Emerging Narratives section, and has been awarded the Panavision New Filmmakers Grant. Their short film Homesick Blues, based on the same story as the feature, won best film at IFP/Chicago’s Flyover Zone Film Festival, and was a selection of international festivals including Hawaii, Chicago, Amsterdam Asian, and Cinequest Online.
Ed was line producer and Junko was production manager of Street Thief, a selection of the Tribeca Film Festival due for broadcast and DVD release by A&E Indie. Junko and Ed have worked in key production positions on numerous independent features, shorts, music, educational and instructional videos.

A native of Inashi in Nagano, Japan, Junko studied social welfare at the Japan College of Social Work in Tokyo. She studied film and video at Wright State University, Dayton, Ohio and received a B.A. in film and video from Columbia College Chicago.

A native of Chicago, Illinois, Ed received a B.A. in writing and communications from Antioch College in Yellow Springs, Ohio. He writes about film for publications including ReelChicago and PerformInk.



脚本・監督:梶野純子&エドワードコジアースキー

純子とエドワードは、アメリカ長編映画のプロデューサー、企画、マネジャーとして過去10年にわたりチームとして活躍。また、ドキュメンタリー、短編、コマーシャル、ミュージックビデオにおいてその製作のキーパーソナルとしても活動する。純子とエドワードは 2005年、映画「Homesick Blues」の脚本.監督を務める。短編映画「Homesick Blues」は、シカゴ国際映画祭、ハワイ国際映画祭、ニューヨークフィルム&ビデオ国際映画祭、アムステルダム国際映画祭、ミッドウエスト映画祭、などほか多数の国際映画祭正式招待作品。 2005年シカゴインデペンデント映画協会にて、最優秀賞ベストフィルムを受賞。

梶野純子、1974年長野県生まれ。1996年に単身渡米し、英語と異文化の厳しさを身をもって経験しながら、エド.ラドキ(映画監督、「The Dream Catcher」1998年ロスサンゼルス映画祭最優秀監督賞)監督の元に弟子入りする。その後、コロンビア大学シカゴ映画学科で修士号を得る。それまでの大学の経歴として、ライト.ステイト.ユニヴァーシテイーの映画学科、ハイラム.カレッジでのジャーナリズムの専攻、などが含まれる。又、教師、通訳、そしてクラブのホステスなども経験する。

梶野純子のパートナーであるエドワード.コジアースキーは、シカゴ出身。19歳にして、「フールーズ.ガンビット」(82分)の長編映画をユニバーサルスタジオからの支援のもと脚本、監督を務める。その後、シカゴテレビ局(CANTV)の宣伝部で主任として3年働く。その他多くのシカゴ市の新聞、映画情報誌、インターネットにてフリーランスジャーナリストとしての記事出版経歴を持つ。

純子とエドワードは、2004年、長編映画「Street Thief」のラインプロデューサー、プロダクションマネージャーを担う。映画「Street Thief」はロバートデ.ニーロ主催、トライベッカ国際映画祭正式招待作品。2007年7月よりA&Eよりアメリカ全国テレビ放映中。2000年には長編映画「スレイブ」のプロデューサーとしてカンヌマーケットに作品出品。

Masayuki Koide – Producer

Koide is the producer of the film Superiority of Addicts (2007). He worked as a director for Fuji TV and as a producer for animation companies Sunrise (Cowboy Bebop, Gundam) and Gainax (Evangelion). He directed the films Kanpai (2001), Nigatsutekikoji (2003), and Fururi (2005 – top seller at the Puchon Film Festival in South Korea).
See koide-office.net (Japanese)
小出 正之

1971年生まれ。
1994年 東京理科大学卒業、(株)サンライズ入社
1997年 フリーのCGディレクターとして独立。(株)ガイナックス、スタジオ4c作品に参加
1998年 フジテレビ深夜ドラマ「美少女H3」を脚本・監督
2001年 日台合作ムービー「乾杯」脚本・監督
2002年 乾杯シリーズ3作目にあたる「二月的故事」監督
2003年 自身初のオール日本キャスト&日本ロケ映画「ふるり」監督
「ふるり」は韓国・富川(プチョン)国際映画祭でワールドプレミア上映され、全170作
品中観客動員1位に輝く。
2007年「アディクトの優劣感」(2007年台湾・日本。初プロデュース)
koide-office.net

Yuko Kajino – Producer

A Japanese native fluent in four languages, Yuko studied at the University of Beijing and Indiana University, traveled throughout China and Tibet, and was an environmental volunteer at Carara National Park, Costa Rica. She produced the feature film The First Breath of Tengan Rei and the short Sweet Treatment.
プロデューサー:梶野夕子

夕子、長野県出身。「レイ、最初の呼吸」はプロデューサーとしての第一作目。1999年に中国へ北京語言文化大学の留学生として渡り、その後インディアナ州立大学へ編入し、心理学と中国語専攻、2003年修士号を得る。中国語、英語に堪能、またスペイン語もこなす。日本、中国、アメリカの3カ国で言語学、心理学、経済学の教育を受け、中国全土、チベット、コスタリカへの単身の旅の経験をもつ。

Stephen Combs – Director of Photography

Stephen Combs is the cinematographer of Jim (Bullet On A Wire) Sikora’s feature The Earl, adapted by Brett Neveu from Neveu’s own play. Stephen’s short film Totally Sadie is a selection of film festivals including Queens International.
撮影:ステファン・コムズ

ステファンは劇作家ブレット・ニューブーの劇を脚色した長編映画「アール」の撮影監督を担う。ステファン脚本・監督の短編「トータリーセイディー」はニューヨークをはじめとする多くの映画祭招待作品。大学で映画の講師として教壇にも立つ。

Christopher Boscardin – Editor

Chris has worked as an editor on a countless number of short films and television commercials. He has over twenty feature films to his credit including the documentary, Call it Democracy and the fictional films East of Sunset, Nightingale in a Music Box, Analyze This and The Fugitive.
A native of Chicago, Illnois, he studied Cinema and Photography at Southern Illinois University.
編集:クリス・ボスカーディン

ハリウッド映画から自主制作映画まで、幅広い分野で編集者として活躍する。クリスの編集した映画としてスラムダンス最優秀脚本賞受賞映画「ミュージックボックスのナイチンゲール」カンヌマーケット出品作品「スレイブ」、また大型映画「ホームアローン2」「逃亡者」「ラブ ジョーンズ」「ラストダンスは私と一緒に」「アナイズ・ミー」「シークレット・嵐の夜に」など多数のハリウッド映画の編集も担う。

Mark Messing – Composer/Sound Designer
Mark Messing, Co-Founder of Maestro-Matic and the Human Television Network, has also composed and designed sound for Redmoon Theater's Galway's Shadow, Lookingglass Theatre's The Idiot and Division 13’s Bloodline: The Oedipus/Antigone Story. As musical director for Redmoon Theater, he founded The Redmoon Big Band, a 16 piece marching band featuring homemade instruments, musicians on stilts and marching choreography. His innovative design of musical instruments was seen in Redmoon's Winter Pageant and in Artbeat's feature on Ten Tongues. As co-founder of Maestro-Matic (a music and sound design company) he scored several feature films: Bad City, Temporary Girl, The Unspoken and Danny's Wish and designed sound for Design, Compensation and Night Night. As a musician, he performs with Ten Tongues, Maestro Subgum and the Whole and co-founded The Loofah Method, a multi-media performance group. Mark studied bassoon at The Peabody Conservatory and jazz with bebop saxophonist Joe Daily. His latest project is Mucca Pazza, a 24 piece circus-punk marching band.

www.mucca-pazza.org
www.maestro-matic.com
音楽・音響:マーク・メッシング

マークは自身の経営する会社マエストロ・マティックを通じ、映画や劇の音楽の作曲はもちろん、あらゆる音楽の作曲を手がけながら多くのコンサートで演奏もする幅広いタレント持った作曲家。マークの手がけた映画には「デザイン」(サンダンス映画祭)、「フライング」(カンヌ映画祭)を代表する多くのインデペンデント映画が含まれる。また。シカゴを代表する劇場の音楽の作曲をも手がけてきている。現在映画と劇の作曲のほかに、自身オーケストラバンド「Mucca Pazza」のリーダーとして多数のコンサートやテレビの出演もする。

David Christopher Krause – Production Designer

“Big” is the former artistic engineer of the Redmoon Theatre Company. He was production designer of Paula Froehle’s Up On The Rope and construction coordinator for Patrick Read Johnson’s 5-25-77. He teaches production design at Columbia College Chicago and designs for sets and creates original sculpture through his company Big Works, Inc.
美術:デイビット・クリストファー・クラウス

愛称「ビック」として業界で知られる美術担当のデイビットは、舞台劇場レッドムーンのセットデザインを担当しながら、映画の美術を手がけてきている。コロンビア大学シカゴで映画美術を教え、自身の会社BigWorksIncを通じて彫刻や劇場のデザインも務める。

Lou Mallozzi - Sound Designer

Lou is an audio artist and sound designer in Chicago. He works in a number of media, including sound installation, live performance, improvised music, and sound design for cinema. He has presented projects at numerous venues nationally and internationally, including the Museum of Contemporary Art in Chicago, the Portland Art Center, the Fort Wayne Museum of Art, TUBE Audio Art Series in Munich, Bayerischer Rundfunk in Germany, ORF Kunstradio in Vienna, Logos Foundation in Ghent, and many others. In addition to his sound art and music practice, he is also a sound designer for cinema. Sound design credits include Juan Ramirez’s Israel in Exile, Karen Freiberg’s King of the Tango, Gary Marks’ Dream Havana, and Frédéric Moffet’s Jean Genet in Chicago: Preserving Disorder, among others. He has received grants and residencies through the Rockefeller Foundation, the Ragdale Foundation, the Illinois Arts Council, and the City of Chicago. He is Co-Founder and Executive Director of Experimental Sound Studio and teaches at the School of the Art Institute of Chicago.
ルー・マロッゼィ – 音響

ルーはシカゴ在住の音響制作、且つサウンドデザイナー。彼は音響設定、ライブ演奏、即興演奏の収録、映画における音響などを含めた数々のメディアで活動をする。シカゴ現代美術館、ポートランドアートセンター、フォートワイン美術館、ミュンヘンTUBE音響アートシリーズ、バイエルン放送交響楽団、ベニスORFクンストラジオ、ベルギーのヘントでのロゴスファンデーションなどを含めそのほか多くの国内外の場において彼の作品を公開。彼の多才な音響、音楽の実演に加え、映画音響効果を担った作品として、フアン・ラミレズの「Israel in Exile」、カレン・フレイバーグの「キング オブ タンゴ」,ゲリー・マークの「ドリーム・ハバナ」、そしてフレドリック・モッフェツの「Jean Genet in Chicago: Preserving Disorder」などが彼の手がけた数多くの映画の 中にあげられる。彼は、ロックフェラー財団、Ragdale財団法人、イリノイ芸術協議会、シカゴ市からの助成金をレジデンシーアーティストとして授与する。さらにルーは非営利団体エクスペリメンタルサウンドスタジオの代表、シカゴ美術館付属大学の講師としても活躍。