home   photo gallery   blog   cast   filmmakers  credits   media   links   contact

BLOG  ブログ


  12/15/08

The First Breath of Tengan Rei returns to the Gene Siskel Film Center,
site of our successful three-night premiere run in November,
for two more screenings:


Sat. Jan. 3 at 8 p.m.
Wed. Jan. 7 at 7:45 p.m.
164 N. State St., Chicago
Gene Siskel Film Center

Please join us for the screenings, now in Dolby 5.1, followed by Q&A.
If you’ve seen it or you’re out of town, please spread the word!
RSVP to the Facebook event page here.
See photos from the Nov. 22 screenings here.

 Tengan Rei is also the lead story in the Dec. 14 issue of Stars and Stripes, the international newspaper of the U.S. Military.
Read the articles:
“Film inspired by rape of Okinawa girl by U.S. troops” by David Allen
“Script was familiar to former Marine” by David Allen
“Movie role is special for native Okinawan” By Chiyomi Sumida

 We’re screening in the internationally acclaimed International Film Festival of Kerala, World Cinema Section
Thursday, Dec. 18 at 9 p.m.
Kalabhavan Theatre Vazhthakkad
Thiruvananthapuram Kerala, India


  10/13/08

Chicago premiere Nov. 21, 22 & 24 at the Gene Siskel Film Center

Buy tickets!

The First Breath of Tengan Rei will have its hometown premiere in a three-night run at the beautiful Gene Siskel Film Center in downtown Chicago. Please join the film's cast and crew for a Q&A following each screening, and a post-screening reception Nov. 21 in the Film Center¹s Gallery Café.

Gene Siskel Film Center, 164 N. State St., Chicago Friday, November 21 at 8:15 pm Saturday, November 22 at 8:00 pm Monday, November 24 at 7:45 pm Advance tickets will be available via the Film Center web site (click on the "tickets" button) or from Ticketmaster at 312-575-8000

Please RSVP to the Facebook event page and become a fan!


07/01/08

Notes from Okinawa and our preview screening at Ryukyu University

Our first night in Okinawa, our producer Koide picks us up with his schoolmate Higa. Higa’s ancestors were pirates who fled the mainland centuries ago and settled in Okinawa.

 

Koide takes us to the Sakurazaka theatre, a new three-screen art house in downtown Naha that Koide thinks would be a good premiere venue for the film.

Koide’s plan is to build buzz and political support with preview screenings in Okinawa, open theatrically here, and use the ensuing publicity to set ourselves up for a distribution deal or theatrical self-release on mainland Japan.

Koide is opening an animation studio in Fukuoka in southern Japan, and he plans to start a branch in Okinawa, so he’ll be back regularly to oversee grassroots marketing for the the film.

At Sakurazuka we met several young Okinawan entrepreneurs, and a student from Ryukyu University, where we’ll hold a preview screening Saturday. A U.S. helicopter crashed there a few years ago.

Among the entrepreneurs is Ishihara, who owns an interpreting and consulting company. Ishihara set up the preview screening, and she’s been one of our biggest supporters here. She’s also fully bilingual, which is a big help for me.

Some of the other entrepreneurs are concerned about how Okinawan audiences would react to the political content of The First Breath of Tengan Rei. But after we show them the new cut, they’re convinced, though they still feel it would be controversial. Our little private audience responds very emotionally, particularly the student. They will marshal their considerable resources to help promote the film.

The Marines cancel the meeting that I had set with Col. Powell, the media officer for Okinawa. Col. Powell is hosting a high-ranking military official from D.C., and is booked all week. The Marines are implementing a training program to try to prevent future rapes, and we’re hoping we might be able to participate in the program, screen on base, or at least get the Marines to send a representative to one of our screenings. They agree to meet with Ishihara on our behalf after we’ve left town.

 

Tom Kruetzer, the Public Affairs Officer for the U.S. Consulate, is expecting my call. He heard about us from the Marines. We check our cell phones and cameras at the consulate gate. A new, truck-bomb proof gate is under construction. In his office, Kreutzer is friendly. He says our conversation sets his mind at ease about anxieties passed along from the Marines. Kreutzer wishes us luck but declines to participate in the screening. He says he prefers to keep the dialogue government to government. He thinks the U.S. did a better job with the rape case earlier this year by condemning the attack promptly. He wants Okinawans to realize that Americans don’t tolerate rape – where he comes from, they would get their guns and hunt down the rapist personally. This is what he says.

We meet with the head of the TV station Q.A.B. He’s personally supportive of the project but is cautious not to draw attention to the 1995 rape of a 12-year-old Okinawan girl by two Marines and a sailor. When his station drew parallels between a recent, similar case and the 1995 incident, he was blasted for insensitivity.

The stations head’s uncle was one of 10,000 Okinawans killed in World War II at Sugar Loaf Hill, not too far from where we’re meeting. Okinawa just commemorated the 63rd anniversary of the end of hostilities. We see anti-military demonstrators outside the prefectural office, where they protest regularly. We use audio from one of these demonstrations in the film.

 

Our investor Sakaguchi takes us to meet with the recently elected Gov. Nakaima at the prefectural office. Sakaguchi was an anti-military activist at the University of Tokyo in the 60’s, and was blacklisted on the mainland as a result. He’s an official in the Okinawa Department of Labor. Sakaguchi provided our introduction to many of our key supporters on the island.

Sakaguchi was an anti-military activist at the University of Tokyo in the 60’s, and was blacklisted on the mainland as a result. He’s an official in the Okinawa Department of Labor. Sakaguchi provided our introduction to many of our key supporters on the island.

Sakaguchi is recovering from being poisoned by a moth that’s running rampant this summer. He tells the story of how he released lizards around his house to catch the huge flying cockroaches, but his cat ate the lizards.

In the prefectural office, a woman serves us tea in a room with embroidered walls and ceiling-high calligraphy scrolls. Four secretaries in traditional Okinawan kariyushi shirts stand in the doorway, attentive. Nakaima likes Chicago. He remembers tall buildings and good steak and that you could still smoke in blues clubs (not anymore).

After the meeting we debrief in a café on the top floor of the office, looking out on the Naha skyline as A Fifth of Beethoven and a Muzak version of We Are The World are piped into the room. When we leave the prefectural office, a moth lands on the student’s neck. I hope it’s not poisonous.

 

We do interviews with the top two Okinawan newspapers, the Okinawa Times and the Ryukyu Shinpo. The reporters ask us about our intentions, why we chose Okinawa, what we want to say to the Okinawan people. The Ryukyu Times reporter has also been to Chicago. He spent $600 20 years ago for a suite at the Intercontinental with a Jacuzzi in the middle of the bedroom. He asks me how I think Obama would change U.S. foreign policy if elected. I tell him I’m hopeful that Obama would improve international relations by holding real dialogue. He really wants to know what Obama would do about the bases in Okinawa. I have no idea.

The Okinawa Times article comes out the morning of our screening at Ryukyu University. It’s accurate and supportive. An Okinawan residents’ group has just been granted a cash settlement from the Japanese government in a lawsuit to stop the U.S. from holding deafening helicopter exercises above their homes at night. The exercises will continue. This is the day’s top story, but we are prominently featured as well.

The Ryukyu Times reporter comes to the screening and will report on it for Monday’s paper. We set up chairs in the aisles to accommodate the overflow audience, which sits rapt through the screening. There are a couple of Marines in the audience.

 

My interpreter was the interpreter for the defendants in the 95 case. She says she has spoken with soldiers who are like Nelson in the film, who feel that after finding religion in prison God has forgiven them and they are absolved. She says that an earlier version she saw of the film was too painful for her, but she likes this version better.

 

The post-screening discussion is deep and heated, with questions about our responsibility to the real victims, the Christian imagery in the film, the meaning of forgiveness, the portrayal of Okinawa’s natural beauty vs. its ugly realities. On the audience response forms, particularly the younger audiences are excited about the film and say they will recommend it to their friends.

After the screening, I ask Ishihara why she has worked so hard to set up this event and support our film. She says it’s because she has a seven-year-old daughter who is very curious and who will no doubt explore many social circles. Ishihara wants to help make Okinawa a better place for her daughter to grow up.

Soon we’ll post links to the Ryukyu Shinpo and Okinawa Times articles, with translated versions, and video of the post-screening discussion. Meanwhile, there’s a gallery of photos from Okinawa on our Facebook page on Facebook .

While you’re there, please sign up to become a “fan” of The First Breath of Tengan Rei!

03/20/08
The First Breath of Tengan Rei has a new Facebook page. Check us out at Facebook.
Please become a fan and spread the word. Thanks!

03/18/08
Acclaimed Japanese Filmmaker Joins The First Breath of Tengan Rei as Producer

Masayuki Koide, producer of the Japan/Taiwan co-production Addicts, now in theatres, has signed on as a producer for The First Breath of Tengan Rei. Koide is focusing on Japanese and Asian distribution for Tengan Rei. He is the producer of the film Superiority of Addicts (2007). Koide worked as a director for Fuji TV and as a producer for animation companies Sunrise (Cowboy Bebop, Gundam) and Gainax (Evangelion). He directed the films Kanpai (2001), Nigatsutekikoji (2003), and Fururi (2005 – top seller at the Puchon Film Festival in South Korea).
See koide-office.net (Japanese)

02/20/08
U.S. Marine Staff Sgt. Tyrone Hadnott was arrested last week on charges of raping a 14-year-old girl in Okinawa, where Hadnott is stationed.

Click here

The attack is eerily similar to the 1995 assault by three U.S. servicemen on an Okinawan girl that inspired our film The First Breath of Tengan Rei. The pattern of crimes committed by servicemen against native women has continued unabated since the 1995 incident sparked international controversy. The military has taken nominal steps to curb the problem, but the crimes continue not only in Okinawa, but also in the Philippines, South Korea, and seemingly anywhere the U.S. fashions itself the protector of the local population.

Though it’s gotten relatively little attention in the U.S., it’s top news in Japan, where the attack has reignited anti-military protests. It’s in this heated climate that we introduce our film to the Japanese market. As we talk with sales agents, distributors and theatrical exhibitors in Okinawa and the Japanese mainland, we walk a fine line. The latest tragedy highlights the need for more international discourse on the consequences of occupation. The headlines foster heightened interest in the subject of The First Breath of Tengan Rei. But we must be careful to avoid the appearance of exploiting the issue. We’re confident that our film makes a valuable contribution to the conversation. But the impulse toward silence and denial is strong, particularly in Okinawa where the U.S. military has been the engine of economic development.

We recently completed the stereo mix for The First Breath of Tengan Rei with Lou Mallozzi of Exprimental Sound Studio and Mark Messing of Maestro-Matic . Color correction is the last major hurdle of post-production.

Here’s a clip of Junko from her appearance on the Japanese talk show Contact during her trip to Japan last December.



10/30/07
The First Breath of Tengan Rei is featured in Filmmaker Magazine editor Scott Macauley’s article “Support Group,” about the IFP Independent Film Lab we’ve been part of since June. Check out a pdf of the article

The First Breath of Tengan Rei is on MySpace and Withoutabox Audience.
Add us to your friends and favorites!

Junko will screen a clip from The First Breath of Tengan Rei at the 8th Annual Osaka Artpolis Movie Forum in Osaka, Japan on Nov.17.
(Links to the Japanese conference program.)

Erika, star of The First Breath of Tengan Rei, has a new film out: "Konnaaotonanoonanoko" directed by Tominaga Masanobu.

Also, see Ed’s article about fellow Chicago filmmaker Joe Swanberg in the Chicago Reader:

The First Breath of Tengan Rei is a poetic drama starring Erika (After Life) as a young Okinawan woman who kidnaps the teenage son of a U.S. Marine convicted or raping her ten years ago. The film is in late stages of post-production.



9/26/07
  Photos from the IFP Market in New York City


Junko and Ed with our colleagues from the IFP Narrative Rough Cut Lab

 
With independent film pioneers John Sayles and Maggie Renzi

 
At our fabulous, standing room only screening by Rooftop Films


9/18/07
The First Breath of Tengan Rei is mentioned in a Sept. 17 Hollywood Reporter article about IFP Rough Cut Lab films at the IFP Market. “Narrative Rough Cut Lab Roundup” by Eric Kohn


9/11/07
The First Breath of Tengan Rei clip in free public NYC screening 9/20 - Junko is finalist for Adrienne Shelly Grant!

The First Breath of Tengan Rei co-director Junko Kajino is one of five finalists for the inaugural Adrienne Shelly Directors Grant, an honor bestowed on a woman filmmaker in memory of director, writer and actress Adrienne Shelly (Waitress). Junko’s in great company. The other finalists are Kat Candler (Jumping Off Bridges), Eunhee Cho (Inner Circle Line), Georgina Lightning (Older Than America), and Jennifer Phang (Half Life). The grant winner will be announced Sept. 20 at the IFP Market in New York.
www.adrienneshellyfoundation.org

Also at the Market, a five-minute clip from The First Breath of Tengan Rei will screen along with other films from the IFP Narrative Rough Cut Lab, in a free, public Sneak Preview screening on Wednesday, Sept. 19, presented by IFP and Rooftop Films at Open Road Park, east 12th Street between 1st Avenue and Avenue A, NYC. Live music at 8:30 p.m., screening at 9 p.m.

Erika (After Life, Cutey Honey) stars in The First Breath of Tengan Rei as a young Okinawan woman who kidnaps the teenage son of a U.S. Marine who was convicted of assaulting her ten years ago. Featuring Sean Nix, Katori Eason and Ric Arthur. Music composed by Mark Messing (Mucca Pazza) featuring musicians Jim Becker (Califone) and Fred Lonberg-Holm (Lightbox Orchestra).
www.tenganrei.com (under construction)


8/23/07
Tengan Rei heads to IFP Market – Homesick Blues in Kansai Film Festival

The First Breath of Tengan Rei is almost finished!

We’re well into dialogue editing at Experimental Sound Studio and music recording at Maestro-Matic with composer Mark Messing of Mucca Pazza and an amazing roster of musicians including guitarist Jim Becker of Califone
and cellist Fred Lonberg-Holm.

Japanese actress Erika stars in The First Breath of Tengan Rei, as a young Okinawan woman who kidnaps the teenage son of a U.S. Marine that was convicted of raping her ten years ago. (web site under construction).

Erika plays the villainess in the live-action Japanese TV series Cutey Honey, now in production based on the hit manga, anime and live action film. Cutey Honey premieres in October on Tokyo-TV.

The First Breath of Tengan Rei will be featured in the IFP Market in New York, Sept. 16-22.
The IFP Market is an annual networking, financing, production and distribution conference for independent film. Recent participants include Half Nelson, Maria Full of Grace, and Mad Hot Ballroom.

We were invited to the IFP Market as fellows of the IFP Rough Cut Lab, which we attended in June. Rough Cut Lab fellows are the only narrative works in progress featured in the IFP Market, which otherwise includes narrative screenplays and in-progress documentaries. A clip from The First Breath of Tengan Rei will screen with other Rough Cut Lab fellows in two events Sept. 19: a private industry screening at the Angelika Theatre, and a rooftop screening open to Market participants.

We’re at work on a revised feature-length Homesick Blues screenplay. We’re actively in development on Homesick Blues as our second feature film and will be shopping it at the market.

The short film version of Homesick Blues will screen in the 1st Annual Kansai International Film Festival in Osaka, Japan, where we shot the film.

Sponsored by Kansai Time Out magazine, the Kansai Film Festival is a celebration of Japanese culture in international cinema. Homesick Blues screens Aug. 25 at 7 p.m. in the Wabi Sabi 1 program. The Festival is at Planet Station, Morinomiya, Osaka.

Pop singer Zoey stars in the Homesick Blues short as Hiroko, an 18-year-old girl spending her final days in Osaka before she runs off to Chicago to sing the blues.

07/01/08

「レイ、はじめての呼吸」沖縄国際大学上映試写会第一1回目 報告

シカゴから沖縄へ到着した最初の夜はこの映画のプロデューサーを担うことになった小出正之氏と面会。彼とはこの沖縄訪問で会うのが初めて。国際電話にスカイプに、そして何百というメイルを通じで連絡を取り合って来て、とうとう今回沖縄で初顔合わせをしたわけである。小出氏は大手アニメーション会社を経て、自身も3作の監督を務めてきているフィルムメーカーである。今年の夏に小出氏のプロデュース映画「アディクトの優越感」の配給を成功させたばかり。この映画へは映画撮影後にプロデューサーという大役についてもらった小出氏である。 まずは、沖縄のミニシアターでもあり、また唯一の芸術的映画を上映し続けるすばらしい劇場、桜坂下劇場へと連れて行ってもらった。いずれはこの劇場での上映を成功させる意図の小出氏である。

 

小出氏を初め、私たちのこの映画の配給計画は、沖縄からのうねりを作るために、まずは沖縄でのたくさんの上映を開き、映画を理解してもらうこと。映画の作られた意図や私たちの思い、さらにはこの映画を、単純に映画として見てもらうことで、映画をこの熱い沖縄から発信させ、後には本土へアメリカへとその波を持っていくという草の根的な映画の配給活動だ。

小出氏は今年福岡にアニメーションの会社を設立し、その足で沖縄まで行動範囲を広げる予定で、この映画の配給活動のためにも頻繁に沖縄へ足を運ぶ計画の小出プロデューサー。今回の活動にもう一人の重要な役目を果たしてくれているのが、沖縄で通訳・翻訳・インベント・会議プランの株式会社アンテナを経営するやり手の女社長石原地江氏がいる。彼女とはい年以上前にお会いし、映画の追加資金集めに協力してもらってから今まで、現地沖縄で中心となり動いてもらっているパワフルかつ包容力のある石原女史にも再会!映画を編集する前から多大な支援をしてきてくれている石原氏とエドは今回初めて会う。

桜坂劇場の芸術的雰囲気をもつカフェで合流したのが、女性社長の尾崎ゆり氏(オリエンタル株をはじめ、何人かの若手企業家の方や、沖縄国際大学の学生の方たち。沖縄へ到着したこの日、初対面の方と、映画「レイ、はじめての呼吸」について話し合った。映画を見たことのない方がほとんど。私たちの映画のあらすじを聞いてすぐに映画のストリーを懸念する雰囲気が漂う。しかし、見る前にあれやこれやと討論しても始まらない。まずは閲覧しようじゃないかということに。時間はすでに午後10時を回っていたと思う。10人ぐらいで再編集したばかりの「レイ、はじめての呼吸」を見ることになった。何度も映画を見てきている小出氏も、石原氏も今回のかなり前と変わった再編集したものを見るのはこれがはじめてあった。
1時間を越える映画を閲覧した後の反応は・・・みなの顔の表情が厳しいものから何か少し緩んだものに変わり、感想もなかなかポジティブ!特に学生の方の声は貴重であった。映画が今まで聞いてきた視点と違うもの、また悲劇のその後を垣間見る、ということが可能な映画であると!映画への応援を約束してくれた協力者ができた閲覧会だった。胃が痛くなるような思いでそして親密な部屋でみた最初の沖縄の夜。安堵の胸をすこしだけ下ろすことができた。

次の日、面会を約束していた海軍のパウエル将校が急遽面会をキャンセル!メイルであれだけやり取りをしてきたのに・・・ここまで来てやはりキャンセルとは!パウエル将校は今回V.I.P.客との接待で今週もやはり無理とか。沖縄の米軍基地では、若い兵士が2度と同じような問題を起こさぬようその教育に力を入れる方針を出している。それに便乗できるように、この映画の上映を基地内で兵士のみなへ見せることができればどんなにいいか?それが私たちの目標でもあり、そして今回だめもとで将校に面会のトライをしたわけだ。

 

一方、この何日か後、米国領事館広報課のトム クルッツアー氏との面会は強行突破で成功。トム氏はすでに私達と将校パウエル氏とのやり取りはすべて熟知していた。メイルのやり取りがすべて領事館に繋がっていたのには驚いた。トム氏は私たちと面会してこの映画への見方が変わったこと、領事館という国の仕事上、直接にも間接にも映画へかかわることはできないが、がんばってほしいという以外にも気さくでフレンドリーな姿勢を見せてくれた。また、彼の立場から、沖縄の人には、アメリカ人が米軍によって起される問題を決して許していない姿勢をもつことを理解してもらいたいと。さらに、最近起こって事件に関して、クルッツァー氏は国としてその事件に対して適切な処置がなされたといっており、またもしアメリカで同じような事件が起こると、まずその家族が銃を握り、犯罪者を自分で始末する、そういうのがアメリカだ、でも沖縄は違うと、感慨深げにもいっていた。

次は琉球朝日放送の方と面会。映画への支援・応援は以前からしていただいているこの琉球朝日放送の方。応援したいが、テレビの仕事上、この映画がもたらす被害者へのインパクトを考えると大変難しいとのこと。以前から暖かく見守り、応援していただいているこの方。ラジオ放送のディレクターも紹介してくださり、彼女からも映画の内容に対する複雑な心境を同時にバランスのとれた彼女の見方を意見も聞けて大変有意義なものに!

エドがもっとも期待していた仲井真沖縄県知事へご挨拶の訪問成功!大変忙しいスケージュールの中、何とか15分間の時間を割いてくださった知事のもとへと、小出氏、エド、沖縄国際大学の学生、そして映画の協力者であり、県庁でもと重役をしていらした方5人で訪問。知事は大変気さくで以外にもなじみやすい方。シカゴへいらしたこともあって、シカゴでのたのしい思い出を共有した15分。エドは出てきたお茶に大変感心をしていた。(味がわかるのだろうか?)

知事訪問の後は、5人で県庁の上階にある那覇の景色が見えるカフェにてみなでコーヒーを飲み、知事との会見を話し合い、那覇の隠れ家的なカレー屋さんへ。小さな昔の一軒家にほんの少し手を加えたこの小さなカレー屋さん。食事をした部屋にはなんと映画の古い映写機や昔の映画の雑誌が!アメリカとぜんぜん違う日本的なカレー味が本当に懐かしく、 また風流でもありモダンでもあるこのカレー屋さんのインテリアに映画を情熱で押してくれる仲間とお昼のゆったりした時間を共有できた。

 

限定上映前日。沖縄での2つの新聞社沖縄タイムスと琉球新報によるインタビュー。両社の記者が共通して質問したのがこの映画を制作するに至った私たちの意図。なぜ沖縄で、なぜこの問題なのか?また何を沖縄の人たちへ伝えたいか?鋭い質問であり、また私たちが制作すると決めた4年まえからずっと抱えてきた映画の真髄であり、また何万回も答えてきた私たちのこの映画の根本でもある。両方の記者さんは、真剣にそして誠実に私たちの意図そしてこの映画への情熱に耳を傾けてくれた。最後にエドへのいい質問:大統領候補のオバマ氏についてどう思うか?またオバマ氏が選ばれたならば沖縄への対策はどう変化するか?政治社会に毎日細かな注意を払うエドも、沖縄に対するオバマ候補の政策は確かに答えるのは難しい。オバマ候補自身沖縄へ足を運んだことがないのではないかとふっと思った。

上映会当日。沖縄タイムスの記事(6月28日朝刊)映画と私たちへの理解がなされたポジティプな記事を載せていただいた。それを当日見て、会場へきてくれた方が本当に多かったのを感謝!
琉球新報は試写会へ来てそれを取材してくれることに!その記事は6月30日月曜日の朝刊で。

上映会は99人の席に120名ほど来ていただき、椅子を追加して閲覧していただいた。海軍の兵士さんも参加していただいての上映会!沖縄での試写は今回が初めて。何とかできる限りのいい映像を映し出すため、小出氏と沖縄国際大学の教授が何時間も苦闘してくださった。

 

試写会の後は小出氏のリードで会場の皆さんとトークショー。エドには95年の事件の通訳をしていた女史についてもらい、トークショーのすべてを訳してもらった。

 

沖縄の方々のこの映画へ反応は大変熱いものである。映画が完全なフィクションではあっても、被害者へのこの映画への影響、私たちの基地問題を提起する責任、沖縄を美しい自然の島としてだけでなく、もっと醜い現実部分というものの表現をしなければならないことなど、また映画に結論としての救いや光をみたいというもの、討論は終わらない。年配の方と若い方での反応が別れたことがアンケートでもわかった。中には、トークショーには、手を上げないが、終わってから「沖縄に住む娘の父として声を上げねばならない必要性をひしひし感じる」という強い励ましの言葉。討論で厳しい意見を投げてくれた方も、ステージを降りてから「是非がんばってほしい」という硬い握手をしてくれた方など、私たちに更なる励みと改正、そして前進するための糧を与えてくれた上映会であった。海軍の方も、「真実を描いている」「二度と起きてほしくない、それが望み」という記述があった。
アメリカで上映してよく聞かれたことだが、「こういうことがあったのか?」「どこで?」という意見が多い。まずは沖縄での状況の把握から始めねばならないアメリカを思うと前途多難だとひしひしと感じる。

試写上映会が無事終わり、これから継続される沖縄上映会で中心となり無償で活動してくれている石原女史へ、エドが質問をした。「なぜこのいろいろな意味で難しい映画を押してくれるのか」石原女史は語る、「成長する娘のために、将来この沖縄をよりよい場所にするためにやっている」と。
「レイ、はじめての呼吸」上映会は今後も引き続き沖縄で施行されます。小さなともたくさんの声を集めて、本土へ基地へ、そしてアメリカへ映画をもってゆくために、私たち一同上映を継続いたしますので応援おねがいいたします。
沖縄からのノートフォトギャラリーは: Facebook  から。


03/18/08
プロデューサー小出 正之氏、「レイ、最初の呼吸」のプロデューサーに就任!

02/20/08
日本においてはトップニュースとしてこの事件が扱われている再び起こってしまった在沖縄米海兵隊による少女暴行事件。それにともない沖縄では米軍基地反対運動が再燃化しているにもかかわらず、アメリカ合衆国において、今年に入って起こったこの米兵少女暴行事件は、アメリカ大統領選挙や大学襲撃事件の影に隠れ、注目を浴びることなく過ぎ去ってしまうかのように思われる。このような米兵駐屯問題が軽視されてしまうアメリカの現状に私たちおよび沖縄、日本国内の映画関係者、配給会社、劇場関係者は本映画「レイ、最初の呼吸」の重要性をこの非情な事件が起きた今こそ再確認せざるを得ません。米軍駐屯兵によるこういった事件は沖縄に限らず、フィリピン、韓国などといった米軍による防衛の名目のもとの駐屯地域でおき続けている。一歩海をわたると、消え去る声、文化を超えると曲げられる事実・・・映画はあくまで私達個人の祈りを表現したものだけれど、沖縄、そして日本からそれが海を越え、兵士を日本だけでない多くの国へ送り育てるアメリカの人にも届くように、その表現場を勝ち取るのがこの映画の宿命だなあと、制作者一同感じる。

現在、「レイ、最初の呼吸」は エクスペリメンタルサウンドスタジオのルー・マロッゼイと マエストロママティックのマーク・メッシングによりステレオ音響ミックスを終えた。後はポストプロダクションにおいてカラーコレクションを残すのみとなりました。

2007年12月に梶野純子が奈良TV番組「コンタクト」に出演!映像はこちら。



10/30/07
アメリカメジャー映画雑誌FilmmakerがIFPインデペンデントフィルムラボについての記事で「レイ最初の呼吸」について掲載しました。「レイ最初の呼吸」は2007年の6月よりIFPインデペンデントラボの一員として認められ、ニューヨークをベースにアメリカの映画業界から注目を浴びています。PDF参照。

「レイ最初の呼吸」MySpace Withoutabox Audience のページを開設しました!

2007年11月17日に行われた毎年恒例の第八回大阪アートポリスでの公開フォーラムにて梶野純子の講演と「レイ最初の呼吸」の一部を上映いたしました。

主役を演じた女優エリカの最新映画「コンナオトナノオンナノコ」冨永昌敬 監督(オダギリジョー、香椎由宇出演 映画「パビリオン山椒魚」が代表作)が公開された。

9/26/07
Photos from the IFP Market in New York City


Junko and Ed with our colleagues from the IFP Narrative Rough Cut Lab


With independent film pioneers John Sayles and Maggie Renzi


At our fabulous, standing room only screening by Rooftop Films


9/18/07
ハリウッドにおけるメジャー映画マガジン「ハリウッドレポーター」(Hollywood Reporter)にてIFPマーケットの特集記事掲載!その特集記事において、IFPラフカットラボ選出10出品作に関する記事 “Narrative Rough Cut Lab Roundup” にて、「レイ、最初の呼吸が」が取り上げられました。記者:エリック・コーン

09/11/07
映画「レイ最初の呼吸」(邦題)のクリップがニューヨークで9月20日に上映決定! 梶野純子、エイドリアン・シェリー奨学金最終候補者にノミネート!

「レイ、最初の呼吸」監督 梶野 純子、エイドリアン・シェリー 監督賞、最終候補の5人にノミネートされました。故エイドリアン・シェリー監督・女優を記念して今年設立された女性新人監督に贈られる奨学金の最終候補者に他の才能ある4人の女性監督と奨学金を競い合います。授賞式は、ニューヨークIFPマーケットにて、9 月20日の最終受賞式で発表されます。 New York.
www.adrienneshellyfoundation.org

一週間に及ぶ アメリカ最大のインデペンデントマーケット(IFP マーケット)に、「レイ、最初の呼吸」がラフカット ラボの10作品として招待!9月19日には、他の選ばれた9作品と共に、Rooftop Films 主催の試写会で上映決定!

映画「レイ、最初の呼吸」、女優エリカ(ワンダフル ライフ・美しい夏キリシマ)主演の2007年完成予定の長編映画。 沖縄で米兵に暴行を受けた少女レイの、人間回復と兵士の息子パリスとの交流を美しい沖縄と対照的な灰色のシカゴを舞台に描かれたヒューマンドラマ。
www.tenganrei.com (一部製作中)


8/23/07
「レイ、最初の呼吸」IFPマーケットへ-「ホームシックブルース」関西国際映画祭へ

「レイ、最初の呼吸」完成間近!

現在 Experimental Sound Studio で「レイ、最初の呼吸」の台詞音声を編集中。シカゴを代表するオーケストラバンドMucca Pazza のリーダー、マーク・メッシングとインディーロックバンド、カリフォンのギターリストとして活躍中の

ジム・ベッカー チェリストのフレッド・ロンバーグ-ホルム による「レイ、最初の呼吸」の音楽をミュージックスタジオMaestro-Matic にてレコーディング中。

沖縄の少女が2人の米兵に暴行受け深く消えない傷を負う。10年後彼女はアメリカへ渡り、一人の兵士の息子を誘拐してしまう・・・深い過去を共有する2人の関係と主人公レイの人間回復、兵士の息子パリスの理解を描いた長編映画 「レイ、最初の呼吸」 (ホームページついに公開!制作中の部分もあり。)で沖縄出身の女優エリカ(DHCコマーシャル、ワンダフルライフ出演)が主役を務める。

漫画やアニメーションで人気を呼んだ「キューティーハニー」の実写版にエリカが出演。キューティーハニーは10月からテレビ東京にて放送開始。

9月16日から22日にニューヨークで行われるIFPマーケット において「レイ、最初の呼吸」がラインナップされる。IFPマーケットは毎年行われるアメリカインデペンデント映画のためのファイナンス、制作、配給に焦点を当てたニューヨークで開催されるアメリカを代表するフィルムマーケットで、インデペンデントフィルムメーカーの登竜門としても知られている。IFPマーケットで取り上げられた近年の代表作として「ハーフネルソン」、「そして一粒のひかり」、「ステップ!ステップ!ステップ!」などがある。

6月にもIFPマーケットの主催団体であるIFPラフカットラボに10作品に選出されています。このラフカットラボでは長編フィクション映画とドキュメンタリーの2部門に優秀な10作品がアメリカ国内から選ばれるもの。「レイ、最初の呼吸」も他のラフカットラボの参加者とともに9月19日のIFPマーケットの主要イベントにて映画の一部が業界の方のみに上映される。

「ホームシックブルース」 の脚本の改訂も現在行われている。ホームシックブルースは次の長編映画プロジェクトとしてマーケットに乗り出すことになっている。

「ホームシックブルース」の短編が第一回関西国際映画祭にて上映されました。関西映画祭は「ホームシックブルース」のロケーションにもなった大阪で行われ、記念の第一回を飾る目玉作品のひとつとなった。

KANSAI TIME OUTの後援のもとに関西映画祭は日本の文化と国際映画を賞賛する映画祭で、「ホームシックブルース」は8月25日午後7時に大阪市中央区森ノ宮のプラネットステーションでプログラムWabi Sabi1にて上映されました。

断突の歌唱力を誇るシンガーZoey 主演の短編「ホームシックブルース」。18歳のヒロコがブルースを求めてシカゴへ。旅立ち前、彼女の最後の大阪での日々をブルースとともに綴った映画。